「岡崎の桜まつり」1000本のソメイヨシノの見ごろ 屋台 駐車場 混雑状況について

イベント

桜の季節になると、「桜まつり」は各地様々な場所で開催されますが岡崎公園には、およそ1000本のソメイヨシノが植えられ、桜の名所100選に選ばれるほど、美しい景色が広がっています!今回は、そんな岡崎の桜まつりについてお話します。

今回は、そんな岡崎の桜まつりについてお話します。

岡崎の桜まつりの日程は?

例年、3月下旬~4月上旬に開催されます。

岡崎の桜まつりで、桜の見頃はいつ?

その年の気温や天候状況にもよりますが、岡崎の桜は3月下旬~4月上旬が一番の見ごろと言われている為、桜まつり開催期間は最も美しい景色を見ることが出来ます!

公園内には岡崎城があるので、満開の桜とお城のコントラストが素敵です!

岡崎城

是非、カメラを持ってお出かけください。

また、昼間とは打って変わった桜を見ることが出来る、「夜桜ライトアップ」のイベントも開催されます。

ライトアップされた桜が川の水面に写る姿なども見ることが出来て、とても幻想的です。

デートにもおすすめスポットです!

岡崎の桜まつりに屋台は出るの?

桜まつり開催期間は、例年約150もの屋台が並びます。

定番の屋台から、最近流行りのB級グルメ屋台まで、揃っています!

「花より団子!」タイプの人も、十分に楽しむことが出来ますよ(笑)

岡崎の桜まつりへのアクセス方法は?

【場 所】岡崎公園と周辺の乙川堤・伊賀川堤
【住 所】〒444-0052 愛知県岡崎市康生町561‐1(岡崎公園)
【問い合わせ】岡崎市観光協会 (0564) 23-6217

【電車・バスでのアクセス方法】
名鉄「東岡崎駅」より徒歩約15分
愛知環状鉄道「中岡崎駅」より徒歩約15分
名鉄東岡崎駅よりバス「大樹寺行き」乗車→「康生町」下車→徒歩約5分
JR岡崎駅よりバス「康生町方面行き」乗車→「康生町」下車→徒歩約5分

【車でのアクセス方法】
ナビを設定する際は「岡崎公園」か「愛知県岡崎市康生町561‐1」を設定してください。
東名高速道路「岡崎I.C.」より名古屋方面へ3km(国道1号線沿い)です。

岡崎の桜まつりへ行くのに駐車場はある?

桜まつり開催中は、様々な施設が臨時の無料駐車場になることも嬉しいポイントです!!

☆まつり期間中
・明神橋公園運動場(350台)
・明神橋下庭球場(200台)
※乙川河川敷左岸には臨時駐車場は開設しません。

☆休日のみ
・市役所西立体駐車場(251台)
・市役所東立体駐車場(270台)
・愛知県西三河総合庁舎立体駐車場(200台)

☆有料駐車場
・岡崎公園駐車場(30分100円)
・籠田公園地下駐車場(210台)

このほかにも駐車場は沢山あるので、車を停める場所には困らないでしょう!

岡崎の桜まつり、混雑状況は?

桜まつりの中でも「家康行列」というイベントがあり、一番の人気イベントです。

「家康行列」とは、徳川家康を先頭に、三河武士団や姫列など約800名が岡崎市中心を練り歩き、伊賀八幡宮をスタートして、乙川河川敷を目指す行列です。この行列の時間は交通規制も行われますので、お車でご来場の方はお気を付けくださいね。

2018年の徳川家康は、なんと…松平健さんが務めました!

混雑の理由も納得ですよね!家康行列がお目当ての方は、なるべく早めに到着しておくことをおすすめします。

桜の季節に岡崎公園を訪れる人は、なんと60万人以上と言われています。

平日でも、盛り上がっているそうですよ!ただし、公園内とても広いので、人混みで座る場所も無い!なんて状況にはならないのでご安心ください。

夜桜ライトアップを見に行かれる方は、16時くらいまでには公園に行き、ライトアップの瞬間を見ることをおすすめします。

まとめ

桜の花は、見ているだけで幸せな気分になりますよね。

大勢で盛り上がるもよし、大切な人とゆっくりと過ごすのもよし、皆様にとって、素敵な桜の思い出が出来ますように。

スポンサーリンク