定年後にも活躍できる社会福祉士の仕事とは実際どんなものなの?

仕事内容

超高齢化が進む日本で、定年後の生活に不安を感じる方も多いと思います。

将来の不安は出来る限り少なくしたいですよね。

そこで、定年後に役立つ資格を何か取得しようと考える方も多いと思います。

資格取得は、受験資格やレベルなど、なるべくリスクが少ないほうが嬉しいですよね。

そこでおすすめ出来るのが、社会福祉士です。

今回はそんな社会福祉士についてお話します。

社会福祉士の仕事とは実際どんなものなの?

社会福祉士は、病気や障害や生活状況などの様々な理由によって、日常生活を送ることが困難になった方の相談を受けて安定した生活が出来るようにサポートする仕事です。

社会福祉士は国家資格になります。

社会福祉士が受ける相談内容は主に、「高齢者介護」「障がい者支援」「生活保護」「児童福祉」などです。相談者の悩みに合わせて、その人に適した公的支援や地域のサービスを結び付けて解決に導きます。

現在、社会福祉士の数は全国に10万人以上います。

各施設内のリーダーとして多くの社会福祉士が活躍しています。主な勤務地は、「特別養護老人ホーム」「障がい者支援施設」「地域包括支援センター」「ケアハウス」「児童福祉施設」などになります。

働く場所によっても勤務内容は変わってきます。

基本的に、人の話を聞く職業ですので、聞き上手の方には向いていると思います。

そして、ひとりひとりの人生に大きな関りを持つ仕事ですので、責任感も重要になります。

社会福祉士の仕事における給料はどのくらいなの?

厚生労働省の統計によると、平均年収は476万円です。
平均給与は26万~35万円です。

ただし年代によって、年収や給与は多少変わってきます。
年代別で見ると下記のようになるので参考にしてみてください。

20歳代の社会福祉士の年収270万円以上338万円未満
30歳代の社会福祉士の年収371万円以上423万円未満
40歳代の社会福祉士の年収476万円以上533万円

また、業種によっても多少変わってきます。

年収の目安は下記のようになるので、参考にしてみてください。

特別養護老人ホーム:430万円
知的障がい者施設:410万円
福祉事務所:420万円
医療機関:420万円

社会福祉士の年収や給与は就職先によって大きく変わる場合もあります。

また、雇用形態によっても大きく変わる場合もあります。

定年後も正規雇用の場合もあれば、アルバイトなどの場合もあります。

ただ、全体的には年収や給与は恵まれていると言っても良いでしょう。

そして、求人も常にあるので、安定している職業と言えると思います。

スポンサーリンク

社会福祉士の資格は定年後の就職難を回避できるって本当?

社会福祉士の仕事は、法的に定年がありません。

働く場所によっては、定年が決められている場所もあります。

近年、社会福祉士の需要は高まってきているので、就職先は沢山あります。

ただし、やはり年齢の若い人のほうが就職は有利です。

ですが、定年までに様々な社会経験を積まれた方を必要としている施設もあります。

また、個人経営で事業を始める方もいるでしょう。

社会福祉士の資格は一生有効ですので、ご自身が定年後、どのように社会福祉士として社会と関わっていきたいのかによって、働き方には様々な選択肢があります。

このように働き方の選択肢が多いのも、社会福祉士の良い所でしょう。

ですので、定年後の働き方を考える際に、社会福祉士の資格はとても有効に働くと思います。

まとめ

これから、援助を必要とする人の数はどんどん増えてくると思います。

社会福祉士の仕事は、若いパワーから、経験値の高い意見やアドバイスが出来ることまで、幅広く求められる仕事です。

ですので、定年後の活躍の場は沢山ある職業だと思います。

また、自分の努力次第では、派遣事業や講演会などにも繋がる職業ですので、定年後のライフプランとして考えるのも良いと思います。

スポンサーリンク