飛行機に一人で乗れる年齢は決まっているの?

旅行・観光

子供が一人で飛行機に乗りたがる!

長期休暇に子供が一人で飛行機に乗ることが出来れば、共働きの家庭でも子供に楽しませてあげられる!など、ご家庭によって様々な思いがあると思います。

今回は飛行機に一人で乗ることが出来る年齢についてお話します。

飛行機には何歳から子供だけで乗ることが出来る?

一般航空会社の場合

JALやANAなどの一般航空会社では、満6歳以上の子供から1人で飛行機に搭乗することが出来ます。

満3歳~5歳までは保護者の同伴が必要なので覚えておいてくださいね。

また、満6歳~7歳の子供が一人で飛行機に搭乗する際には子供用サービスに登録する必要があります。

JALでは、キッズおでかけサポート、ANAではジュニアパイロットというサービスがあります。

サービスを利用するためには、各航空会社のホームページから申込書と同意書をダウンロードして、保護者が署名する必要があります。

署名した申込書と同意書は搭乗日に、お客様窓口まで持って行きましょう。

LCCなどの格安航空券の場合

また、LCCなどの格安航空券の場合は満12歳以上から一人で飛行機に搭乗することが出来ます。

この場合、料金も子供料金ではなく大人料金で扱われます。

国際線の飛行機に子供だけで乗ることが出来るのは何歳から?

一般航空会社では、上記でお話したように満6歳以上の子供から1人で飛行機に搭乗することが出来ます。

国際線の場合は、心配も多いと思うので、航空会社が用意している子供用サービスを必ず利用することをお勧めします。

この子供用サービスの内容は、出発の空港で、保護者の方は搭乗券を持っていなくても搭乗口まで子供と一緒に居ることが出来ます。(子供一人につき、付添人は1人)

また、目的地に到着後は到着ロビーまでスタッフが案内してくれます。

所定の集合場所までスタッフが案内してくれるので出迎えが居る場合はその場所でお待ちください。

なお、引き合わせの場合は出迎えた方のサインが必要になります。

また、機内では飛行機の模型やストラップなどの航空会社オリジナルのプレゼントが用意されています。

スポンサーリンク

飛行機に子供だけで乗る際のスカイマークのサービス

スカイマークには、子供が一人で飛行機に搭乗する際のサービスとして「スカイキッズ」というサービスがあります。

これは、6歳~ご希望により11歳まで、満12歳以上の同伴者がいない子供が対象です。

スカイマークのホームページからダウンロードできる必要事項を記入した同意書を、出発20分前までにスカイマークカウンターまで提出すれば、搭乗までスカイマークのスタッフが搭乗口まで案内してくれます。

機内では、スカイマークオリジナルのストラップとシールが貰えます。

ただし、満8歳以上はサービスに登録しなくても一人で搭乗することが出来ます。

登録するか登録しないかは保護者の判断で決めることが出来ます。

スカイマークには子供料金があります。

ゴールデンウイークやお盆の時期でも適用されるので、お得に飛行機に乗ることが出来ます。

スカイマークの、子供の年齢と座席の確保については下記をご覧ください。

  • 0~2歳 同伴者…必要 座席の確保…不要
  • 3~7歳 同伴者…必要 座席の確保…必要
  • 8~11歳 同伴者…不要 座席の確保…必要

まとめ

思ったより小さい頃から飛行機に一人で乗ることが出来ることが分かりましたね。

飛行機に乗るまでと乗った後の保護者のサポートがしっかりしているなら、飛行機の中くらいは一人で過ごす時間も、冒険をしているような気分になることが出来て、子供にとってもわくわくする時間になるかもしれませんね!

航空会社のサポートがしっかりあるので、保護者の方も安心して子供を預けることが出来るサービスは素敵ですね!!

スポンサーリンク