ポストカードの住所の書き方、どこに書くの?右?左?

生活のハウツー

ポストカードはどこか旅行に行った際に、旅行先から送ったり、挨拶や近況報告に使ったり、なにかと便利で送る機会もあると思います。

そんなポストカードですが、宛名面の住所の正しい書き方をご存知ですか?

また、メッセージはどこに書けば良いのでしょうか?

今回は、そんなポストカードの書き方についてお話します。

ポストカードの住所の正しい書き方

縦向きデザインのポストカードの宛名の書き方

結論から言うと、普通ハガキの宛名の書き方と同じです。

文字方向は、縦書きが基本ですが、横方向に書いても問題ありません。

ただし、横書きをするとカジュアルな印象になります。

親しい友人や家族へのポストカードの場合、宛名の横書きはOKですが、目上の方へ送る場合や、メッセージの内容が、挨拶や礼状の場合は、縦書きで宛名は書きましょう。

横向きデザインのポストカードの宛名の書き方

結論から言うと、宛名も横書きするのが一般的です。

自分の住所や氏名も表面に記載するのが基本ですが、裏面に記載しても問題ありません。

ポストカードのメッセージはどこに書けば良いの?

裏面にメッセージを書くスペースがある場合は、裏面に書きましょう。

また、裏面はイラストや写真で埋め尽くされていて、メッセージを書くスペースが無いけれど、表面の半分がメッセージスペースになっているポストカードもあります。

その場合は、メッセージ欄にメッセージを書きましょう。

裏面が埋め尽くされてるうえに、表面にもメッセージ欄が無い場合は、以下のような書き方をします。

① 切手枠が、向かって左上の位置にくるようにポストカードを置きます。

② ポストカードが縦向きデザインの場合は、中央に横線を引きます。上と下、2つにスペースを分ける感じです。ポストカードが横向きデザインの場合は、中央に縦線を引きます。左右、2つにスペースを分ける感じです。

縦向きデザインの場合は、上のスペースに、横向きデザインの場合は、右側のスペースに、相手の住所氏名、自分の住所氏名を記入します。

残ったスペースに、好きなメッセージを書き込みましょう!

ポストカードの住所の書き方で海外から日本に送る場合は?

国際郵便の場合、名前や番地など、書く順番が大きく変わるのでお気をつけ下さい。

① 氏名
② ビル・マンション名
③ 番地
④ 町名
⑤ 市名
⑥ 県名
⑦ 郵便番号
⑧ 国名
の順番になります。

日本の住所の書き方とは逆で、小さい区分から大きい区分の順で書きます。

【例】

〒123-4567
●●市○○区×××1-2-3
国際センタービル▲階

日本太郎様

Mr. Nippon Taro

International Center Bldg. ▲F
1-2-3 ×××, ○○-ku, ●●
123-4567
JAPAN

スポンサーリンク

ポストカードの書き方でおしゃれな書き方とは?

飾り線

裏面でも表面でも余白に飾り線を書くと一気におしゃれな雰囲気になります!

シンプルな模様を連続して並べたり、小さなモチーフをつなげたりするのがおすすめです。

ポイントは、とにかく均一な大きさと間隔で並べることです!

ポストカードで、メッセージと宛名の境目を飾り線にしても可愛いですよ!

吹き出し

メッセージを書く時に吹き出しを使うとおしゃれになります。

ふき出し自体はシンプルな形なので、近くに人や動物の顔を書いて、喋っている風にすると可愛いですよ。

フレームを作ろう

飾り線をぐるっと囲むように書いてフレームにすると素敵な雰囲気になります!

まとめ

いざポストカードを送ろうとしたときに、意外と宛名の書き方には悩みますよね。

知っておくと自信を持って書くことが出来るので便利です!

また、ポストカードを送るのが楽しくなり、どんどん送りたくなりますね!

誰もが貰って嬉しいものだと思うので、是非、オリジナルポストカードを沢山送ってみて下さいね♪

スポンサーリンク