アウトソーシングとは?具体例にわかりやすく解説!!

言葉の意味

求人サイトなどでよくみかけるアウトソーシングという言葉。

アウトソーシングってなに?と聞かれて、正確に回答できる人は、何人いるのでしょうか。

わかっている人もわからない人も必見!アウトソーシングについてわかりやすくご説明します。

知っていますか?アウトソーシングの意味

よく耳にするけど、意味を理解せずに、使っているアウトソーシングという言葉。

業種?ビスネス用語?改めて聞くとわからないかもしれません。

「アウトソーシング」とは、本来は、外部(アウト)からの調達(ソーシング)を意味し、よく使われる「アウトソーシング」は、仕事を担う人やサービスを、契約によって外部から調達し、業務にいかす経営方法です。

簡単に説明すると、「アウトソーシング」とは、外部に業務を委託することをいいます。

では、「アウトソーシング」は、「派遣」と何が違うのでしょうか。

派遣も同じように外部者による業務委託のようなイメージを受けている方が、ほとんどではありませんか。

派遣の場合、受け入れる会社が派遣業者と「労働派遣契約」を結び、派遣社員を会社の中に受け入れ、社員の管理下で業務を行います。

それに対して、アウトソーシングは、業務を丸ごと外部に委託しているため、社員による工程管理や業務改善を直接アウトソーシング業者に指示することはできません。

派遣は「人材の提供」によるサービスのため、人が働いた分に費用が発生し、アウトソーシングは「業務、成果物の提供」がサービスで、業務や成果物の完遂・品質によって費用が発生します。

アウトソーシングの種類は?

では、アウトソーシングには、どんな種類があるのでしょうか。

大きく分けて3つあげられます。

① 業務代行
例えば、ホームページの制作やパンフレットなどの制作業務になります。

会社の顔とも言えるホームページの制作などは、多くの方に見てもらうため、見やすさをはじめ、動作確認など、専門の会社にお願いしているところが多いようです。

②人材派遣
人材派遣といっても私たちが通常使っている派遣とは、アウトソーシングの人材派遣では、異なります。

先にも説明した通り、まず、契約自体が違います。

アウトソーシングは、依頼先の企業とアウトソーシングを提供する企業との契約になります。

人材派遣で契約をしている場合は、派遣される側と依頼先の合意があって、成立するため、出向いた先の企業の方の指示を受けて仕事を進めていきます。

アウトソーシングでは、あくまでも指示を受けるのは出向先企業ではなく、アウトソーシングを提供している会社からの指示で仕事を進めていきます。

似ているようで全く違う雇用形態なんです。

③ITアウトソーシング
専門知識が必要となる、IT関連の業務のアウトソーシングもあげられます。

専門知識が必要なシステムづくりからメンテナンスまで、業務を滞りなく進めるために必要になります。

人材教育や高度な技術などコストがかかる部分をアウトソーシングで賄っているともいえます。

では、アウトソーシングできない業務は、あるのでしょうか。

企画立案など、予め取り決めたルールに則って業務を遂行することが前提のアウトソーシングではできません。

また、業務をする中で、ルールにないことが起きた場合、勝手に判断し、処理することはできないため、常に判断が頻発する業務はアウトソーシングできません。

このほかにも、独占業務として、税理士など資格が必要な業務も、アウトソーシングできません。

スポンサーリンク

アウトソーシングの具体例

まだ、ピンときていない方のために、具体例をご紹介します。

アウトソーシングの一つに、スタッフの勤務実績の確認・給与計算等の業務があります。

例えば月末締め、翌月5日までに従業員の勤務実績と給与計算が行われないと、25日までに給与が支払われなくなってしまう会社があったとします。

この給与計算などをアウトソーシング会社に委託するのです。

アウトソーシング会社と契約をした会社は、取引会社のルールにのっとり、決められたフォーマットで、決められたスケジュールで納品されます。

この事務的作業を委託することで、取引先企業の業務軽減になります。

このほかにも銀行振込依頼書や年末調整なども行い、業務を滞りなく行うこともできます。

まとめ

ひとことでアウトソーシングといっても、専門知識が必要なものから、サービス業務などさまざまなところで活躍しています。

上手に使って、業務軽減になるといいですね。

スポンサーリンク