夕張メロンが甘くない理由とは?

生活のハウツー

北海道を代表する夕張メロンは、メロンの中でもトップクラスの高級メロンです!

食べる瞬間は誰しもが、甘くて美味しい味を期待しますよね。

ところが…食べてみたら、甘くない!!!なんてこと、ありませんか?

では、なぜ甘くない夕張メロンが存在するのでしょうか?

保存方法に問題があったのでしょうか?

今回は、そんな甘くない夕張メロンについてお話します。

夕張メロンの美味しい時期とは?

毎年6月~7月が旬の時期と言われています。

旬の時期としては短い期間ですが、セリにかけられる時期も5月~8月と短い期間です。

だからこそ、希少価値があり、高級メロンと呼ばれているのですね!

旬の夕張メロンは、メロン独特の繊維質がなく、とても食べやすいことが特徴です。

より美味しいメロンの見分け方は、色や匂いに注目してみてください。

成熟すると黄色っぽくなり、香りも切らなくても溢れ出てきますので、そこまで待ってから食べることをおすすめします!

成熟しきっていなかったり、時期から外れてしまったりする夕張メロンは、やはり甘さが落ちてしまいます。

美味しい時期を見極めて食べてみて下さいね!

夕張メロンの値段は?

糖度によって値段が変わります。

糖度の高い順に、特秀、秀、優、良、個撰、規格外に分けられています。

特秀の夕張メロンは、1玉で10000円以上の値段が付くものもあります。

特別な方への贈り物用として販売されることが多いです。

北海道のスーパーなどで買うことが出来る夕張メロンは、相場品になるので、時期によって値段が多少変動します。

・初競りから2~3週間はスーパーでは売られていない可能性が高いです。
・6月中旬頃からの売出しで1500円位/1玉
・7月中旬頃からの売出し1000円位/1玉

東京で購入して食べようと思うと、時期にもよりますが、3000円前後だと思っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

メロンを冷蔵庫に入れてしまったらどうなるの?

基本的に、メロンを冷蔵庫に入れて保存する方法はNGです!

メロンは冷蔵庫に入れてしまうと、追塾が止まってしまいます。

しかも、一度冷蔵庫に入れて冷やしてしまうと、外に出しても追塾が進まなくなってしまいます。

冷蔵庫で保存したい際は、完熟しきったものをポリ袋に入れて冷やすと、美味しくいただくことが出来ます。

メロンの正しい保存方法は、風通しがよく、直射日光の当たらない場所で保存します。

追塾させたい場合は、20℃~25℃が適温と言われています。

常温でも25℃を超えてしまうような夏の暑い時期でも、エアコンの風が直接当たるような場所に置くのは止めましょう。

そして、メロンの保存期間は、収穫してから7~10日程度と言われているので、手元にあるメロンの香りとお尻の状態を確認してみましょう。

採れたてのメロンは、お尻の中心にあるおへそが硬くなっています。

メロンは追熟が進むと、お尻がやわらかくなってくるので、おへそが軽くへこむくらいが丁度良い食べごろです。

メロンによっては、収穫日が記載されたシールが貼ってあるものあるので、確認してみてくださいね。

また、一度に食べきれずにカットしたものを保存したい場合は、種をすべて取り除き、ラップをぴったりと巻き、野菜室で保存しましょう。

出来るだけ空気に触れないようにすることがポイントです。一口サイズのブロック状に切ったものは、タッパーなどに入れて保存しましょう。

保存期間は、だいたい2~3日ですが、出来るだけ早く食べきりましょう。

まとめ

夕張メロンは、基本的には甘いメロンですが、やはり値段によって糖度が変わってきます。

また、食べるタイミングによっても甘さが変わってくるので、ベストタイミングを見極めて食べることが出来ると良いですね♪

スポンサーリンク