別府八湯温泉まつり!100以上の共同温泉に入り放題!

イベント

100回以上も続く伝統行事の別府八湯温泉まつり。

しかし、ただの温泉まつりでは無いのです。

想像以上に一風変わったユニークなお祭りです!

今回は、そんな別府八湯温泉まつりについてお話します。

別府八湯温泉まつりの日程は?

大分県別府市で毎年4月1日の温泉感謝の日と4月第1週の週末を中心に開催されます。

2019年は、4月1日(月)~7日(日)までの開催が決定しています!

別府八湯温泉まつりの見どころは?

100以上の共同温泉に入り放題!

別府温泉といえば、豊富な10の泉質と、世界2位の湧出量を誇る温泉地として有名です!

お祭りの開催期間は、別府市営・区営・一般温泉を中心に、一部ホテルや旅館の温泉も無料で入ることが出来ます。

ピンポイントの日程では、別府八湯を巡る「温泉バス」も用意されるので、温泉を効率的に巡ることが出来ます。

この機会に、別府温泉の良質なお湯を楽しんで下さい♪

おいしい郷土料理が色々と食べられる!

「湯けむりお接待」というイベントがあります。

なんと、無料で別府温泉の郷土料理をいただくことが出来ます!

また、「丼フェス」といって、700円で白飯の入った丼を購入し、新鮮な魚介類・野菜やお惣菜や郷土料理が並ぶ市場を巡って、好きなものだけをのっけた貴方だけの丼を作るという、たのしくておいしいイベントもあります。

開催年によってイベント内容は変わるかもしれませんが、毎年、このように楽しいイベントも盛りだくさんです!

山が燃え上がる幻想的な風景を見ることが出来る!

別府のシンボルでもある「太平山(別名:扇山)」が燃え上がる神事「扇山火まつり」がお祭り開催中の1日、行われます。

この「扇山火まつり」は、寒い冬の間、太平山の草地で休養している温泉の神々に春の到来を告げる意味があるとされています。

暗闇の中、燃え盛る炎はとても美しく神々しい様子で、滅多に見ることが出来ない光景なので、絶対に一度は見たいですね!

約40トンの源泉が宙を舞う!?

「湯・ぶっかけまつり」と言って、駅前通りを練り歩く神輿に対して、消防ポンプ車を使って沿道からお湯をぶっかけまくるといったイベントがあります!

昔はお湯の量が3トンほどだったそうですが、2016年に発生した熊本・大分地震で元気がなくなっていた別府の町や人々を元気づけようと、お湯の量も一気に増量されました!

とにかく至る所から湯気が立ち上り、キラキラとしたお湯しぶは迫力満点です!

別府八湯温泉まつりには屋台はあるの?

「屋台村」があります!

定番の屋台からB級グルメまで、お祭りを楽しみながら食べ歩き出来るような屋台が集まっているので、小腹が減ったら是非、立ち寄ってみてください。

スポンサーリンク

別府八湯温泉まつりの混雑状況は?

毎年、数万人の来場があります!

ただ、お祭りに伴い様々なイベントが各所で開催されているため、一つの場所に一気に人が集まりすぎる心配はしなくても良さそうです。

無料開放される温泉も100以上あるので、人はある程度分散します。

別府八湯温泉まつりのアクセス方法

【車】
・九州自動車道 別府ICより約15分 (別府駅)
・九州自動車道 別府ICより 約7分 (鉄輪温泉)

【電車】
・JR小倉駅~別府駅 (特急ソニック) 約1時間30分

【飛行機】
・大分空港(バス)~JR杵築(電車)⇒JR別府
・大分空港(バス)~JR別府

別府八湯温泉まつりの駐車場情報

お祭りのための臨時駐車場や無料駐車場の用意はありません。

【有料駐車場】
・タイムズ別府駅前町 収容13台  12時間400円

・別府国際観光港 第三駐車場 収容82台 1時間100円 12時間500円

お祭りの為、交通規制がかかる時間もあり、道路も大変混雑が予想されるため、公共交通機関を利用することをおすすめします。

まとめ

別府八湯温泉まつりの大きな特徴は、とにかく豪華なサービスです!

「これが無料で良いの?」と思ってしまうものが沢山あります!

満足感が凄いと思いますよ!

また、103回目のお祭りには、ディズニーパレードを呼ぶなど、毎年、目玉となるイベントの発表も楽しみです!

行って絶対に後悔しないお祭りです!

是非、足を運んでみてください!

スポンサーリンク