天下の奇祭!尾鷲ヤーヤ祭りって?

イベント

“ヤーヤ祭り”とは、名前からして、とても盛り上がるお祭りが予想出来ますよね。

実は”ヤーヤ祭り”とは三重県にある尾鷲神社の例大祭の通称です。

昔から伝わってきたお祭りも、今は「奇祭」と言われてしまうのですね。

今回は、そんな尾鷲ヤーヤ祭りについてお話します。

尾鷲ヤーヤ祭りの日程は?

開催日は、毎年2月1日~5日までの5日間です。

尾鷲ヤーヤ祭りのアクセス方法は?

尾鷲神社:〒519-3606 三重県尾鷲市北浦町12-5
電話番号:0597-23-8261(尾鷲観光物産協会)

電車:JR紀勢本線「尾鷲駅」から徒歩約20分
車:紀勢自動車道「尾鷲北IC」から車で約5分

尾鷲駅周辺には、ビジネスホテルやホテル、旅館なども沢山あるので、宿泊にも便利な環境になっています。

尾鷲ヤーヤ祭りに行くのに駐車場はある?

専用駐車場や臨時駐車場はありませんのでご注意ください。

周辺の有料駐車場もありますが、数が少ないので、公共交通機関をご利用ください。

尾鷲ヤーヤ祭りとはどんなお祭りなの?

尾鷲神社の正月のお祭りです!

白装束の男衆が狭い通りで激しくぶつかり合うお祭りです。

300年以上も前から続いており、毎年の豊漁・豊作を祈願するための歴史あるお祭りです!

15歳以上の一人前の男になったことを祝うお祭りでもあるそうです。

20ほどの町から集まった男性総勢600名以上が「チョウサじゃ!」の掛け声とともに、激しくぶつかり合いながら町を練り歩く姿は迫力満点です!

寒い2月に、熱気であたたかくなるとか…(笑)

また、ヤーヤ祭りの「ヤーヤ」の意味は、昔、武士たちが名乗るときに「やあやあ我こそは〇○であるぞ!」と言っていたことに由来していると言われています。

尾鷲ヤーヤ祭りといったら「垢離掻き」!これって何?

尾鷲ヤーヤ祭りの一番の見どころと言っても過言ではないのが「垢離掻き(こりかき)」です!

5日目の午後6時ごろから、フィナーレとして始まります。

全裸の男たちが、2月の寒い海に飛び込むことを言うのです!

「垢離掻き」は清めの儀式だそうで、海で清めた後は、提灯を受け取ってお祈りをします。

見物人の女性たちは悲鳴をあげながらも、しっかりとカメラやビデオを回しているそうですよ(笑)

男たちは全裸なので、なかなか全国放送のテレビニュースなどには出来ませんが、これも穴場のお祭りの理由かもしれませんね。

スポンサーリンク

尾鷲ヤーヤ祭りの見どころは?

ヤーヤ練り

2日目の晩から4日までの毎晩行われます。

20の町から選ばれた、その年の3つの祷務町の祷屋前で、各町の若者が喧嘩のようなもみ合いを仕掛けます。

「ちょうさじゃ!ちょうさじゃ!」の掛け声と共に、男たちがぶつかり合う姿は勇敢で迫力があります!

大名行列・道中踊り

5日目の昼12時頃から始まります。

華やかな大名行列と、各町から出された道中踊りによる練り歩きは、見ているだけでワクワクするような楽しいものです!

子供も参加することが出来るので、是非、ご家族で楽しんでください。

大弓の儀

尾鷲神社境内の弓場で3つの祷務町の弓射3人が紀州小笠原流の古式作法の弓射を見ることができます。

なかなか迫力があり、一挙手一投足に魂が込められていて感動すること間違いなしです!

張り詰めた一瞬の空気感を是非、体感してみてください。

まとめ

お祭りが5日間も開催されているのも珍しいですよね!

そして開催中はとにかく町はお祭り騒ぎになるそうで、どこに行っても盛り上がっているそうです!

昼は昼のイベントが、夜は夜のイベントがあるので、たっぷりと時間を確保して行ってみてください。

また、男性は他県の方でも参加することが出来るので、真冬の海へダイブする勇気のある方は是非、参加してみてください♪

スポンサーリンク