ドッグカフェのマナー!絶対に知っておくべきこととは?

ペット

ドッグカフェとは、読んで字のごとく、犬を連れて一緒に入店できる喫茶店やカフェのことです。

最近このドッグカフェが増えてきています。

そこで気になるのが、ドッグカフェのマナーではないでしょうか。

なにを持って行ったら良いのか、愛犬をどう過ごさせたら良いのか、はじめてドッグカフェに行く前に知っておきたいですよね。

今回はそんなドッグカフェのマナーについてお話します。

ドッグカフェのマナー

ドッグカフェの持ち物は、基本的にはお散歩に行くときと同じです。

特に、もしも愛犬が粗相をしてしまった時の片づけ用の道具は必須です。

また、抜け毛が気になる愛犬は服を着せておくと良いでしょう。

雄の場合は、慣れない場所で興奮してマーキングしないようにマナーベルトもあると安心です。

 
店によっては愛犬を床に下ろせないところもあります。

人間と同じソファや椅子に座らせることになるため、カフェマットもあると良いでしょう。

代用品としては厚手のタオルでも大丈夫です。
 
犬用のメニューを用意しているドッグカフェもありますが、慣れない場所なのでいつも食べなれているおかしがあると、愛犬たちもお利口にしていられるでしょう。

愛犬が飽きてしまった時のために、噛めるおもちゃやガムなどもあると便利です。

ドッグカフェによってルールは様々なので、事前にホームページなどをチェックしてから行くと良いでしょう。

また、分からないことは入店時に店員さんに聞いておきましょう。

ドッグカフェで愛犬が吠える場合の対策

普段はおとなしい愛犬でも、慣れない場所で警戒したり興奮したりすると吠えてしまうこともあるでしょう。

そんな時は毅然とした態度で「ダメ!」と叱ってください。

普段お利口な愛犬なら、冷静さを取り戻して指示をきちんと聞いてくれるでしょう。

それでも吠えてしまう場合は、一度外に出て、クールダウンしてから戻ってみてください。

周りの迷惑になるからといっていつも以上に叱ってしまうのは逆効果です。

叱りすぎて愛犬がドッグカフェ自体を嫌いになってしまわないようにしてあげて下さい。

どうしても愛犬が吠えることが気になる場合は、室内のドッグカフェではなく、テラス席があるドッグカフェも多いので、そちらを利用してみてください。

スポンサーリンク

ドッグカフェで愛犬が粗相をしてしまった場合の対策

ドッグカフェの中で、トイレの心配がある愛犬には必ずマナーバンドをつけてください。

いつもと違う慣れない場所に来て、ほかの犬の匂いも気になって、いつもは大丈夫でも粗相をしてしまう犬は結構沢山います。

また、粗相してしまっている愛犬がいるのに、話に夢中になって気付かない飼い主さんもいます。

いくらドッグカフェとはいえ、食事も出来る場所なので、注意して見てあげてくださいね。

また、万が一粗相をしてしまった場合は、店員さんに声をかければ雑巾と消臭スプレーを借りることが出来るお店がほとんどです。

飼い主さん自身でお片付けしてください。

また、飼い主さんが長時間ドッグカフェに居ると、普段は粗相しない愛犬でも、我慢できなくなってしてしまう可能性が高くなります。

愛犬がそうなる前に様子をみつつトイレに連れて行ってあげるか、ドッグカフェを出るか、考えてあげてくださいね。

まとめ

ドッグカフェには特に難しいマナーや決まりごとはありません。

愛犬と飼い主さんが共に楽しい時間を過ごすことが出来る空間です。

最低限のマナーを守り、愛犬と素敵な時間をお過ごしください。

また、犬同士の交流も出来るので、愛犬にとってもお友達が出来て嬉しいかもしれませんね♪

飼い主さん同士も、新たなお友達が出来る場になるかもしれませんね♪

気になる方は是非、行ってみてください!

スポンサーリンク