結婚式の装花で使ってはいけない花は?

結婚・恋愛

結婚式を華やかに演出してくれるのに欠かせないのが装花やブーケですよね。

しかし、普段からお花を選ぶ機会は少ないうえに、「結婚式」となると、どのような種類の花を選んだら良いのか迷いますよね。

また、ゲストも多い為、マナーに沿ったお花選びをしておきたいですよね。

そこで今回は、結婚式の装花で使ってはいけない花についてお話します。

結婚式で使ってはいけない花は何?

スギやヒノキなど、アレルギー反応がある花

花粉症の人は花粉のつらさが分かると思いますが、せっかく幸せな気持ちで来場してくださった方に、花粉が原因で嫌な思いをさせてしまうことになりかねませんので、花粉を持つ植物は避けましょう。

香りの強い花

結婚式では美味しいお料理が出ます。

お料理も楽しみのひとつだと思うので、お料理の香りを邪魔してしまう恐れがある香りの強いお花は避けましょう。

また、香りに特徴がありすぎる花も、ゲストの好き嫌いが分かれてしまう恐れがある為、避けたほうが良いでしょう。

お葬式を連想させる花

菊などのお葬式を連想させる花は、縁起が良くないので避けましょう。

どうしても使いたい場合は、姿形が似たお花で代用すると良いでしょう。

花言葉で縁起が悪いもの

「浮気」や「移り気」など、将来に不安を暗示する花言葉を持つお花は避けましょう。

花言葉など分からない人や気にしない人もいると思いますが、ご年配のゲストの方などは案外見ているので、ゲストの気持ちの為にも、少し気を付けてください。

結婚式の装花やブーケに人気の花の種類は?

1年を通して人気の花

薔薇

結婚式といえば薔薇の花!と思っている方も多いと思います。

薔薇は1年を通して手に入りやすく、花言葉も「愛」「美」などで、まさに結婚式にぴったりのお花です。

百合

存在感が抜群のお花なので、ブーケや葬花のパーツに良く使われます。

大人っぽくも可愛らしくもアンティーク風にも、様々なテイストにマッチする百合は使い勝手が抜群です!

他にも季節別に人気のお花があります。

春は、カーネーションや桜。

夏は、ひまわりやアンスリウム。

秋は、ダリアやピンポンマム。

冬は、ポインセチアやアマリリス。

是非、季節のお花も取り入れてみてください。

スポンサーリンク

結婚式のブーケを花屋にオーダーする時のポイントは?

①ブーケのイメージを伝える
打合せ前までにしっかり自分のイメージを固めておきましょう。

色合いやデザイン、使いたい花などイメージ画像があれば親切です。

②衣装のイメージを伝える
花嫁衣裳とお花の相性やバランスは結構重要なので、衣装のイメージを伝えることも忘れないでくださいね。

実際に試着した際の写真を見せるのも良いと思います。

③会場のイメージを伝える
衣装のイメージと同様、会場の雰囲気とお花の相性も重要ですので、式場が決まっている場合は、伝えると良いでしょう。

④予算を伝える
一番大切なことですね。

ブーケは使うお花屋大きさなどによって、予算が大きく変わります。

しっかりと予算は伝えておきましょう!

⑤ブーケの個数
一般的には衣装に合わせてブーケも変える為、2~3個のオーダーになる方が多いです。

⑥ほかにオーダーするもの
忘れがちなのが、新郎が胸元につける「ブートニア」です。

ブーケとお揃いのデザインにすることが多いので、ブーケと一緒にオーダーすると良いでしょう。

また、両親への花束贈呈などがある方は、一緒にオーダーすると良いでしょう。

お花屋さんもプロなので、聞くべきことは聞いてくださると思いますが、必要なことは自分
たちからもしっかりと伝えましょう。

まとめ

万全な準備でゲストを迎えられると良いですね!

お花はすべてのものを華やかに幸せにしてくれるので、お花に自分たちの思いを込めて、楽しんでコーディネートしてみてください♪

スポンサーリンク